濡れる美しいBLが観たいあなたにおすすめ映画「君の名前で僕を呼んで」

小説「Call me by your name」が原作で、映画はアカデミー賞で脚色賞をとった作品。画面越しに夏の匂いが伝わってきそうなイタリアの美しい景色と彫像のような美少年を存分に堪能できる青春映画です。ゆっくりと時間をかけて展開していくストーリーと詩のような短いセリフに飽きかけましたが、その間を埋めている自然な表情やしぐさが演技だと気づいてからは見入ってしまいました。ファッションを真似したくなるよ。

こんな人におすすめ

  • 美しい景色、美しい人が好きな人
  • ボーイズラブが見たい人
  • 純粋なラブストーリーものが見たい人
  • アカデミー賞受賞作品を見たい人

互いに魅かれあう美青年のひと夏の恋物語

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく…。

君の名前で僕を呼んで/YouTubeムービー

トレイラー

作品情報

公開日2017年
ジャンル恋愛
国/言語アメリカ・ブラジル・フランス・イタリア/英語
監督ルカ・グァダニーノ
キャストアーミー・ハマー
ティモシー・シャラメ
マイケル・スタールバーグ
アミラ・カサール
エステール・ガレル
ヴィクトワール・デュボワ

参考:君の名前で僕を呼んで/Wikipedia

感想

頭では良くないことだとわかりながらも、惹かれ合い恋に落ちてゆくエリオとオリヴァー。

ユダヤ民族を象徴するダビデの星のペンダントをする二人は、同性愛は禁忌だと知っています。

男同士でどれだけ抱き合っても子どもは作れないし、生物学的にいえば意味のない行為。

許されない行為をこれ以上続けてはいけないと思いながら、エリオはオリヴァーを、オリヴァーはエリオを前にすると、気持ちは抑えられずキスをして抱き寄せてしまいます。

そして互いに自分の名前で呼び合う二人。

自分の名前で呼び合うことに何の意味があるのか考えてみたのですが、 恋愛感情を「憧れ」の延長線上にあるものとして表現しているのかもしれません。

恋人と似た服装をしたり同じ体形になろうとしたりする人の心理と似ている気がします。憧れの人に「近づきたい」「触れたい」という思いは「なりたい」「入れ替わりたい」という思いに発展することがあります。

しかし憧れの人に格好は似せることはできたとしても、心は満たされない。

そして欲しているのはその肉体を動かしている心のほうだと気づきます。それが恋に落ちる瞬間。

エリオが戻れないところまで落ちてしまう前に関係を元にもどしたいオリヴァーでしたが、エリオを前にすると拒めず受けとめてしまいます。

幸か不幸か、夏の終わりとともに二人の関係も終わります。残されたエリオに向かって、父は「多くの親は早く終わらせたいと願い息子が冷静になることを願う。私はそういう親ではない。」と言います。(ここからしばらく心に響くセリフが続くので個人的にはこのシーンだけでも見てほしい)

そしてオリヴァーも家族のように接してくれる父の気持ちに気づいていたと言うのです。

なのになんでか迎えるのは悲しい結末。

それぞれが抱えている思いは誰も傷つけないのに、声に出せないでいる理由を考えると切なすぎます。

君の名前で僕を呼んでを視聴できる動画配信サービス

-U-NEXTで視聴できるオススメ作品, ラブストーリー, 同性愛を扱った作品, 映画

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.