世界を平和にしたいあなたが観ておくべき映画「ペイ・フォワード」

この映画を見たあとに誰かが困っているのを見かけたら「ペイフォワード」が頭をよぎって手を貸したくなります。人生を自分が主役の物語だと考えて生きるのが苦しくなったときには、自分が脇役となって他の誰かの人生に登場するのもいいかなって思えるよ。

こんな人におすすめ

  • 人間の嫌なところばかり見すぎて生きる希望を失いそうな人
  • 世界を変えたい人
  • 人のために何かしたい人
  • どっぷり映画の世界に浸りたい人

ペイフォワードで世界は変わる

あらすじ

11歳の少年トレバーは、社会科の授業中、担任のシモネット先生から「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けられる。悩んだ末にトレバーはあるアイデアを思いつく。それは”ペイ・フォワード”。他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく…という奇想天外なアイデアだった。やがて、少年の考えたユニークなアイデアが広がり、心に傷を負った大人たちの心を癒していく…。

引用:ペイ・フォワード/YouTubeムービー

トレイラー

作品情報

公開日2000年
ジャンルヒューマンドラマ
国/言語アメリカ/英語
監督ミミ・レダー
キャスト

ハーレイ・ジョエル・オスメント
ケヴィン・スペイシー
ヘレン・ハント
ジェームズ・カヴィーゼル
ショーン・パイフロム
ジョン・ボン・ジョヴィ
アンジー・ディキンソン
ジェイ・モーア
デヴィッド・ラムゼイ
ゲイリー・ワーンツ

参考:ペイ・フォワード/Wikipedia

感想

「恩送り」や「情けは人の為ならず」といった言葉があるように、人から受けた恩を他の人に返すことは、昔から現代までずっと行われてきています。しかし、生きていて誰かの恩で世界が変わっているのを実感することってほとんどありませんでした。

しかし最近、幸せが伝搬するペイフォワードとは真逆ですが、個人の小さな行いが世界を変えてしまうのを私は身をもって知りました。2020年2月、あるSNSの投稿がきっかけで、日本中からトイレットペーパーが消えてしまったのです。

コロナウイルスの予防に必要なマスクが店頭から消えてしまったあと、「次になくなるのはトイレットペーパーです。早く買っておかないとなくなります。」と言った人がいました。

その言葉を信じた人は、悪意なく家族や友人に積極的に伝えました。(なかには悪意ある転売屋もいましたが…)

その噂は瞬く間に広がり、その日私の髪を切っていた美容師さんから「トイレットペーパーが無くなるっていうんで買ってきましたよー」と身近な問題として私のところにも届きました。

「トイレットペーパーが買えなくなるという噂」は急に真実味を帯び、家に3ロールくらいしかないから買っておいたほうがいいかなと、美容院の帰りに軽い気持ちでホームセンターに寄ると、いつも何十個も置いてある棚にもう5個くらいしか残ってなくて。これはヤバイといつものお気に入りのトイレットペーパーじゃないのに焦って買って帰りました。

そしてすぐに私は美容師さんから受け取った情報を実家の親へ渡し、それを聞いた親は慌ててトイレットペーパーを買いに走っていました。

色々条件はあると思いますが、一人一人の小さな行動が世界を変えてしまうことってあるんですよね。デマが広がりトイレットペーパーが消えていく世界と「ペイフォワード」で幸せが広がっていく世界。私の中で重なってみえる部分がありました。

トイレットペーパーが日本中から消えてしまったのは、一人一人が自分や家族、友人、知人を守るために行動した結果だと思います。もし「ペイフォワード」の精神を知っていて、ほんの少し見知らぬ他人の幸せを想像できていれば、人々の不安を煽るのに加担してしまう前に、一人一人がもつ小さな影響力を世界を良い方へ変えるために使うことができたはず。

「ペイフォワード」を視聴できる動画配信サービス

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, U-NEXTで視聴できるオススメ作品, ヒューマンドラマ, 映画, 考えさせられる作品

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.