お金で買えないモノを思い知る映画「チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密」

タイトルはコメディっぽい感じがしますが、柔らかい光が印象的なロサンゼルスのサンフェルナンド・バレーを舞台にしっとりと物語が展開していく芸術的な雰囲気の映画。最後の最後に明かされる未亡人の秘密を知るともういちど初めから見返したくなります。チワワのスターレットがどの場面でも気持ちよさそうに眠っているのが気になるよ。

こんな人におすすめ

  • 静かで優しい描写の映画を見たい人
  • 綺麗な女優さんを見たい人
  • 犬(特にチワワ)を見たい人

札束で埋めることはできない心に空いてしまった穴

あらすじ

女優志願のジェーンの目下の仕事はポルノ女優。ある日、独り暮らしの老婦人セイディーから買ったポットから1万ドル札の束が出てきた。お金を返しに行くも、ポットを返却に来たと誤解され門前払い。だが、そのまま着服するのも気がとがめる。ジェーンは偶然を装って彼女に近づくのだが...。

チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密 / Amazon Prime Video

トレイラー

作品情報

公開日2012年
ジャンルドラマ
国/言語アメリカ/英語
監督ショーン・ベイカー
キャスト

ドリー・ヘミングウェイ
ベセドカ・ジョンソン
ステラ・メイブ

参考:Starlet/Wikipedia

感想

ラストシーンで未亡人の秘密が明かされるのですが、その秘密から未亡人の心にはお金では埋められない穴が開いてしまっているのが想像できます。

秘密を知ると、さすがに水筒にお金入れてたの思い出すやろとか思いながら見ていたのがちょっと繋がるんです。

最後まで未亡人がお金のことを思い出す場面はないけれど、ポルノ女優が水筒を返しにきたときに、札束を入れていたことを思い出していてもおかしくはないし、なんなら初めから水筒にお金を入れていたのを知っていたのに知らないフリをして売っていてもおかしくないんですよね。

未亡人はわかっていたけど、本当に欲しいものが買えないお金は別に必要ではなかったから言わなかっただけかも。

私の想像でしかないけれど、どのような捉え方をされてもいいようにあえて余白のある演出がされている気がします。

あと、チワワは見ていたってタイトルですけど、どのシーンでも気持ち良さそうに寝てたからチワワは見てないと思う。

「チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密」を視聴できる動画配信サービス

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, ヒューマンドラマ, 映画, 犬が活躍する作品

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.