ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライドを堪能する映画「パパが遺した物語」

守りたい家族や大切な恋人がいる人が見ると心動かされる映画です。たった一度の過ちが人生を狂わせてしまうのをこれでもかってくらいに思い知らされるよ。

こんな人におすすめ

  • 親子愛がテーマの作品を観たい人
  • どれどれちょっとみて考察してやろうかという心意気ある人
  • とにかくラッセル・クロウが出演している作品を見たい人
  • とにかくアマンダ・セイフライドが出演している作品を見たい人

ラッセル・クロウ(父)がアマンダ・セイフライド(娘)から奪ってしまったモノと与えられたモノ

あらすじ

過去のトラウマから、愛を見失ってしまったケイティ。自暴自棄な日々を過ごし、人と深い関係を築くことを避けてきた彼女は、ある日、作家だったケイティの父ジェイク・デイヴィスの大ファンだという青年キャメロンと出会い、恋に落ちる。ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするが・・・。次第に明かされていく過去の事件と、あまりに純粋な父と娘の愛の物語。そしてケイティに遺された、父の最後の小説とは――。(C)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

パパが遺した物語/YouTubeムービー

トレイラー

作品情報

公開日2015年
ジャンルヒューマンドラマ
国/言語アメリカ/英語
監督ガブリエレ・ムッチーノ
キャスト

ラッセル・クロウアマンダ・セイフライドアーロン・ポール

参考:パパが遺した物語公式サイト

感想

この映画を観てどういう気持ちになるのが正解なのか、正直わかりませんでした。

ラストもタイトル通り、娘との物語を書き上げたところで父は亡くなってしまうし、ラストまで触れられなかった父と娘の隠された物語があるのかと思って見ていたら、小説には触れることなくエンディングを迎えてしまうし。

映画を見たというよりも、ドキュメンタリーを見た、と言ったほうがいいのかもしれません。

生々しいというか救いようがないというか。

映画に込められたメッセージが私にはわからなかったけれど、それは私が独り身だからで、奥さんと子供がいる人が見れば全然違った感想になると思います。

でも、妻と娘がいる人が見たとしてもハッピーな感想は出てこないんじゃないかな。

夢も希望もない展開で、この映画をどんな人が見て、どんなふうに思うのが理想なのかが、ちょっと見えません。

すべてのきっかけが交通事故なので「あの交通事故がなかったらこんなことになっていなかったのに」としか思えないんですよね。

「パパが遺した物語」を視聴できる動画配信サービス

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, Huluで視聴できるオススメ作品, Netflixで視聴できるオススメ作品, U-NEXTで視聴できるオススメ作品, ヒューマンドラマ, 太め俳優が活躍する作品, 映画
-

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.