高校生活がフラッシュバックする!泣ける青春映画「君の膵臓をたべたい」

住野よる氏のベストセラー小説が原作の「君の膵臓をたべたい」は日本アカデミー賞を受賞。頭の中に描いている美化された記憶を映像にしたような青春映画です。儚さのあるあどけないヒロインを演じる浜辺美波の笑顔が印象的で、大人しくて清楚なイメージとは真逆の役も演じきれる実力ある女優さんなんだと知りました。 間違いなく代表作。探していた青春はこんなとこにあったんだとビックリするよ。

こんな人におすすめ

  • 学生時代はよかったなぁという人
  • 切なさに心動かされる作品が見たい人
  • 「君の膵臓をたべたい」のネタバレを知らない人
  • 「星の王子さま」を読んだことがある人

目に見えないモノを信じるのは大切は人をずっとそばに感じていたいから

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを、2人は知る――。

君の膵臓をたべたい/YouYubeムービー

トレイラー

作品情報

公開日2017年
ジャンル青春
国/言語日本/日本語
監督月川翔
キャスト浜辺美波
北村匠海 (DISH//)
大友花恋
矢本悠馬
桜田通
森下大地
上地雄輔
北川景子
小栗旬

参考:君の膵臓をたべたい/Wikipedia

感想

青春映画として観るだけでも素敵な内容ですが、独特なセリフを深く掘っていくと、どうやら「星の王子さま」と関係がありそう。「星の王子さま」の本はヒロインが大事にしている持ち物として登場するだけで中身には触れられませんが、何度も表紙が映されるので印象に残ります。

映画を観たあとに「星の王子さま」がどんな内容なのか調べてみて思ったのは、映画のなかではヒロインの愛読書として星の王子さまが登場するけれど、本当に好きなのは原作者なんだろうなって。

さらっと心に響くセリフを言うのも星の王子さまっぽいんじゃないでしょうか。たとえばわたしがいいなと思ったこのセリフ。

偶然じゃない。流されてもいない。私たちはみんな自分で選んでここに来たの。君と私が同じクラスだったのも、あの日病院に行ったのも偶然じゃない。運命なんかでもない。君がしてきた選択と、私がしてきた選択が、私たちを逢わせたの。私たちは自分の意思で出逢ったんだよ。

大人になってまで目に見えないものについてあれやこれやと想像するのは格好悪いような気がしていましたが、

このセリフをストレートに受け止めて心動かされる人が多くいるようで嬉しく思いました。

現実を生きることが最優先で 、「偶然とか必然とかどうでもいいし…」と切り捨てられるのが理想の大人なんじゃないかなって。

だけど、この映画が日本アカデミー賞を受賞したことからわかるように、曖昧な言葉を受け入れて現実だけじゃなく目には見えないものを大切にしている人はたくさんいるんですね。

この映画を観ていると忘れてしまっていた学生時代の思い出がふっと蘇る瞬間があります。 そして星の王子さまを読んで「君の膵臓をたべたい」をもう一度見ると、また違った見方ができそうです。

「君の膵臓をたべたい」を視聴できる動画配信サービス

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, Huluで視聴できるオススメ作品, Netflixで視聴できるオススメ作品, U-NEXTで視聴できるオススメ作品, ラブストーリー, 映画, 考えさせられる作品

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.