映画「小説家を見つけたら」~まずは心に従え、考えなさんな~

「友情」という陳腐な言葉を、知的で叙情的に聞かせてくれる小説家。こういうふうに言葉を扱える大人になりたいと思わせてくれます。これこそがヒューマンドラマって感じ。 しかし、どうして小説家は家に籠るようになってしまったのでしょうか。家族の写真が映るシーンとか意味ありそうなんだけど。

こんな人におすすめ

  • 「友情」と聞いて懐かしく思う人
  • ヒューマンドラマの人気作品を見たい人
  • 「Don't think.Feel.」が好きな人

文才のある少年はたまたまイタズラをしに侵入した家で幻の小説家を見つけます

あらすじ

バスケットボールのプロ選手を目指す、ブロンクスに住む16歳の高校生ジャマール。彼には隠れた文学の才能があった。偶然か運命の導きか、彼が見つけたのは40年前ピューリッツァー賞に輝いた処女作一作だけを残して文壇から消えた幻の大作家、フォレスターだった。少年に文学の才能を見出した大作家は彼の導き手となると同時に、自らも、心閉ざして生きてきた人生に向き合うことになる・・・。

小説家を見つけたら/Amazon Prime Video

トレイラー

作品情報

公開日 2000年
ジャンル ヒューマンドラマ
国/言語 アメリカ/英語
監督 ガス・ヴァン・サント
キャスト ショーン・コネリー
ロブ・ブラウン
F・マーリー・エイブラハム

参考:小説家を見つけたら/Wikipedia

感想

まずはハートで、考えるのはあと

他の方のレビューを読むと、「文章を書く人がみると参考になる」って書かれていたので、ブログを書いている私としては楽しみに見始めたんですが、 この映画を一言で表すと「爺さんと少年の友情物語」でした。(正確にいうと小説家と文才のある少年)

文章を書くのに参考になったところももちろんありました。「自分のために書いた文章は、人のために書いた文章に優る」とか「第一稿はハートで書く、リライトには頭を使う」とか。

だけど、「年の差がある友人っていいなぁ。」っていうのが一番心に残った感想でした。

友人って同年代で作るもんだと思っていましたが、少年に求められて小説家が教えている姿を見ていると、小説家も少年も嬉しそうで羨ましくなってきます。

この映画を見て、なんか久しぶりに「友情」って言葉について考えたかもしれません。

いくつになっても「友情」って言葉を使ってもいいんだなって。陳腐な言葉も使い方次第で、小説家が使うとものすごく綺麗にきこえます。

家にこもって暮らしてきた小説家が少年から受け取った「友情」という贈り物。

小説家が言った「友情」とは「友人の想いに突き動かされた心情」のことでした。

友人に助けを求められたときに、何も考えずに行動に移してしまったことがあったとしたら、それは間違いなく友情でしょう。

ハートで文章を書くのを大切にしてきた小説家にとって、心に従い生きることも同じように重要だったのです。

まずはハートで、考えるのはそのあと。 この教えは文章を書くときだけでなく人生において役立ちます。

「小説家を見つけたら」を視聴できる動画配信サービスは?

見放題で配信中:  配信なし:  PPV: 

Amazon prime video
月額料金 500円または年間4900円(税込み)
見放題作品数 非公開
PPV(個別課金)作品 あり(※小説家を見つけたらはレンタル・購入で視聴可
画質 SD/HD/4K
無料お試し期間 30日間

小説家を見つけたらを今から見る

>>>アマゾンプライム退会方法を確認ししておく
Hulu
月額料金 月額1026円(税込)
見放題作品数 6万以上
PPV(個別課金)作品 なし
画質 SD/HD/フルHD
無料お試し期間 14日間

詳細を見る

>>>Hulu退会方法を確認しておく 
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
見放題作品数 14万以上
PPV(個別課金)作品 あり
画質 フルHD/4K
無料お試し期間 31日間+600ポイント

小説家を見つけたらを今から見る

>>>U-NEXT退会方法を確認しておく 

 

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, U-NEXTで視聴できるオススメ作品, ヒューマンドラマ, 映画, 考えさせられる作品

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.