切なすぎるエンディングに涙。旅と犬好きに観てほしい映画「星守る犬」

自分の人生や愛犬の最期の瞬間って想像したことはありますか? 愛犬と暮らす独り身のわたしにとって、この映画は他人事に思えない内容で、見たあと数日考え込んでしまいました。

こんな人におすすめ

  • 犬が大好きな人
  • 自由に生きたい人
  • 老後は北海道を車で旅行したいなぁなんて考えている人
  • 寂しさを堪えて生きている人
  • 泣ける映画が観たい人

老後を楽しむのに必要なのは「帰る場所」

あらすじ


夏の北海道。山中に放置されたワゴン車から中年男性と犬の白骨死体が発見された。遺体の埋葬処理を請け負った地元市役所の福祉課に勤める青年は、何かに導かれるように、残された手掛かりから死んだ男性の足取りを辿る旅に出る。途中、ひとりの少女と出会い、彼女を旅の道連れにしながら、死んだ男性と、その愛犬との短くも永い旅路を紐解いていく涙溢れる感動のストーリー。

引用:星守る犬/アマゾンプライムビデオ

トレイラー

星守る犬の作品情報

公開日2011年
ジャンルヒューマンドラマ
日本
監督瀧本智行
キャスト西田敏行玉山鉄二川島海荷

参考:星守る犬/アマゾンプライムビデオ

感想

私には夢があって、それが「老後に愛犬とキャンピングカーで旅をする」という夢なんですけど、まさにこの映画の設定とドンピシャなんです。

将来家を売り払ってキャンピングカーを買えば実現できるかも?なんて思っていましたが、この映画のラストを見て目が覚めました。

老後にする旅は帰る場所があるからこそ楽しめるのであって、居場所をもとめて彷徨うような旅は人生の終盤においてはかなり精神的にきついものがあるんだなっていうのを知ることができました。

アドレスホッパーなんていう家をもたず転々と暮らす人に憧れたりしましたが、そんな彼らも最期にはどこかに帰るのが普通です。公園や道端で野垂れ死ぬなんてことはまずありません。

見知らぬ土地を旅する若者が私たちに勇気や希望を与えてくれるのに対して、孤独な年寄りというだけで人の目にはこれほどまでに惨めに映ってしまうのかと思い知らされました。

庭の草木に水をやって、家の周りを散歩するくらいしかできない老後でも「どこか旅行にでもいけたらいいのにねぇ」と言える誰かがそばにいたとしら、それはとてつもなく尊い。

「星守る犬」を視聴できる動画配信サービス

こちらもおすすめ
Featured Video Play Icon
幸せになりたい人が観るべき映画「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」

リラックスして映画を観たい人におすすめです。セリフをそのまま心に受けとめていくだけで楽しめる内容。それなのに映画が終わるといつも過ごしている部屋が違って見えること間違いなし。 こんな人におすすめ ニュ ...

続きを見る

-Amazonプライムビデオで視聴できるオススメ作品, ヒューマンドラマ, 映画, 犬が活躍する作品

Copyright© コンバンワン , 2020 All Rights Reserved.